アニメ(`・ω・´)シャキーン

目がシャキーンとなるようなニュースをまとめて、 管理人のみいが頑張って配信していきます!

    カテゴリ: 芸能

    1:2014/10/10(金) 03:47:23.49 ID:
     一時は制作を断念していた人気ドラマ『半沢直樹』の“続編”が急転直下、放映を決断したという。
     「TBSはスケジュールの調整がつかず、一向にやる気を見せない主演の堺雅人に三行半を突きつけた。
    そのため、堺以外の代役を立てリニューアルした形で『半沢直樹』を制作することになったんです」(制作プロ関係者)

     TBSが堺に見切りをつけた理由は何なのか。
     「ドラマ一本当たり400万円という破格の出演料を提示し、しかも同じ事務所に所属するフリーアナの夏目三久を『あさチャン!』の
    MCに大抜擢し御機嫌を取っていた。ところが、堺サイドはスケジュール多忙を理由に断りを入れてきた。
    ダメ押しは、後から出演オファーのあった三谷幸喜が脚本を手掛ける'16年に放送されるNHK大河ドラマ『真田丸』に出演を決めてしまった。
    しかも、一本あたりの出演料は約90万円。堺が400万円のTBSよりNHKを選択した。
    恐らく本音は、TBSより飛ぶ鳥を落とす勢いの三谷組に入りたいという下心が勝ったということでしょう」(関係者)

     当然、気になるのはポスト堺。佐藤浩市や阿部寛、妻夫木聡などの有力候補者の名前が挙がる中、最終的に内定したのは西島秀俊(43)だという。
     「彼はTBSがポスト半沢という目的で制作した大作『MOZU』や『ダブルフェイス』などに出演し、TBSのお抱え俳優といっても過言ではない存在。
    まさにポスト半沢は西島しかいないという方向で調整が付いた。本人は来る仕事は拒まないタイプ。やる気を見せているそうです」(TV関係者)

     気になるのは西島の出演料だ。
     「民放ゴールデン帯のドラマは1時間あたり300万円。『MOZU』や『ダブルフェイス』が250万。恐らく『半沢直樹』は堺と同じ400万円か、
    もしくは堺の後釜ということで400万円オーバーを記録するかもしれない」(事情通)

     共演者に関しては、ほぼ前作と同じ顔ぶれがキャスティングされるという。
     「香川照之や石丸幹二、宮川一朗太、他にも片岡愛之助など芸達者な役者が皆、勢ぞろいする。
    唯一の変更点が、半沢の妻を演じていてた上戸彩。ドラマ『昼顔』の映画化のためスケジュール調整がつかず、
    仲間由紀恵の名前が候補に挙がっている状況です」(芸能プロ関係者)

    http://wjn.jp/article/detail/0480071/
    【TBSが『半沢直樹』続編を決断 堺雅人と上戸彩は降板】の続きを読む

    1:2014/10/09(木) 17:15:02.91 ID:
    集英社に勤める妻子ある編集者と複数回デートし、自宅前で抱き合ってキスしている様子などが「週刊文春」(文藝春秋)によって
    写真付きで報じられた乃木坂46の松村沙友理(22)。目下スキャンダルの渦中にある彼女だが、同誌が発売された8日の夜10時には、
    ラジオ番組『レコメン!』(文化放送)の生放送に出演、涙ながらに謝罪、釈明した。

    番組中盤、共演していた乃木坂46の生駒里奈(18)から「ここで松村沙友理から皆さんにお伝えすることがあります」と促された松村は、
    「まず、ここでお時間いただけたこと、本当にありがとうございます。乃木坂の松村沙友理です」と挨拶。一呼吸おいて、文春の記事に触れると、
    「書かれていることは、本当に事実じゃないことも多くて、私も本当にその記事を読んで驚いています」と話し始めた。

    ときおり声をつまらせ、涙まじりに釈明と謝罪を繰り返す松村。しかし、その内容は、いかにも不自然で、多くのファンを納得させるものではなかった。

    彼女の主張をまとめると、

    ・男性との出会いは悩んでいたときに偶然街で声をかけられたことがきっかけ。
    ・その男性とアニメなどの話で意気投合し、何度か食事へ行ったことがある。

    ・お互いに偽名を使っていて、相手のことはよく知らない。もちろん既婚者とも。
    ・路上キス写真を撮られた日は酔いすぎていた。

    ・私は本当に大バカ野郎。ずっとファンが大好きでやってきたのに自分でも信じられない。

    この彼女の言葉を文春の記事で補足すると、どうやらたまたま街で彼女に声をかけたのが、乃木坂46が巻頭グラビアなどでたびたび登場していた集英社の
    「ヤングジャンプ」を編集していたことのあるS氏だったようだ。本人談の釈明である以上、こうした偶然もあるのかとうなずくしかないが、
    ネット上では、「苦しすぎる」「茶番」と納得していないユーザーも多い様子。

    中には、「こんなふざけたシナリオ書いたのは誰だ!?」と怒りを露わにするコメントもあり、スキャンダル発覚から生放送まで、
    1日程度の時間がありながら、あまりにも稚拙な釈明台本だとバッシングを受けている。

    また、ネット上では、すでに文春が報じている"集英社のS氏"の氏名が特定されており、顔写真まで晒されている。
    出版関係者の間では、すでにS氏は閑職に回されているという噂が広がっており、今後もこの一件は彼の人生に大きな影響を与え続けるだろう。

    もちろん松村も今回の釈明と謝罪だけで"はい終わり"というわけにはいかない。
    かつて乃木坂46のライバルグループAKB48でスキャンダルにあった指原莉乃はHKT48への移籍を命じられ、峯岸みなみは自ら頭を丸刈りにした。
    2012年にはDA PUMPのISSAの自宅でのお泊りデートを報じられた増田有華が、その年の大晦日にAKB48を脱退している。

    30代の妻子持ち男性との不倫デートを報じられた松村が、このまま何事もなく活動を続けるとは考えにくい。
    少なくとも、運営サイドは今後の松村のメディアへの露出方法について改めるだろう。今のエースクラスの活動からは一歩後退させるに違いない。

    「ずっとファンが大好きでやってきたのに自分でも信じられない」という松村の言葉が、どれだけ多くのファンの心に響いたのか。
    今後の彼女の活躍を支えるのがファンたちの愛なのだけは間違いない。
    http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/menscyzo_20141009_185711
    【【話題】 「こんなふざけたシナリオ書いたのは誰だ!」・・・乃木坂46・松村沙友理の釈明にファンが怒り】の続きを読む

    1:2014/10/09(木) 13:27:55.54 ID:
    NHK紅白で「レリゴー」を歌ってほしい人 松たか子が69.5%
    2014.10.09 12:00

    全世界に「レリゴー現象」を巻き起こした、ディズニーの大ヒット映画「アナと雪の女王」。
    とくに主題歌の「レット・イット・ゴー?ありのままで」は、歌詞入りや各国語版メドレーなど、
    幅広い動画がディズニー公式チャンネルにアップされ、日本語版サントラも100万枚を出荷している。
    そんなアナ雪が、NHK紅白歌合戦の「特別企画コーナーになる」と、
    10月5日付けの日刊スポーツが報じた。報道によれば、NHKサイドは
    「アナを演じた神田沙也加と日本語版主題歌を担当したMay J.の出演は内定」
    「劇中歌を歌った松たか子の出演にも自信を見せている」とのこと。
    そこで、しらべぇ編集部では、
    「NHK紅白でアナ雪の代表曲『レット・イット・ゴー?ありのままで』を最も歌ってほしい人は?」
    というアンケートを実施。結果は以下のようになった。

    松たか子(日本語版劇中歌):69.5%
    May J.(日本語版サントラ):16.6%
    イディナ・メンゼル(英語版劇中歌):6.2%
    デミ・ロヴァート(英語版サントラ):4.3%

    吹き替え版でエルサを演じた、松たか子の出演を心待ちにする声が7割を占めた。このデータを見れば、
    NHKが全力をかけて松たか子を口説くしかないことが、わかるだろう。
    また、「♪レリゴ?」と英語で覚えた人も多いためか、ありのままの原曲で歌われることを望む人が
    1割を超えている。
    ちなみに、各国のディズニー社やアーティストの公式チャンネルから、Youtubeにアップされた
    動画の再生回数の総計(歌詞入り/ナシなど)は、以下のとおり。

    英語版劇中歌を歌うイディナ・メンゼルが約6億5千万回とダントツだが、日本の松たか子バージョンも
    約1億2千万回と健闘している。Youtubeでは、エルサの映像や歌詞も見られる劇中歌バージョンのほうが、
    人気を集めているようだ。
    最近の紅白では、福山雅治の日本と台湾を結んだ三元中継(2013年)や、ナミビアの砂漠から
    衛星中継で歌ったMISIA(2012年)など、海外とつないだド派手な演出も。
    もしかしたら、松たか子とイディナ・メンゼルによる「♪ありのままで?」「♪レリゴ?」の
    夢のメドレーも見られるかもしれない。

    http://www.news-postseven.com/archives/20141009_281225.html
    【【調査】NHK紅白で「レリゴー」を歌ってほしい人 松たか子が69.5%】の続きを読む

    1:2014/10/09(木) 14:43:38.33 ID:
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141009-00000026-nksports-ent
    歌手のGACKT(41)が8日、自身のブログを更新。自身の名前を許可無く使用して
    宣伝に利用したウェブサイトが存在したとして激怒。法的措置を講じる意向を示した。

     スタッフから自身の名前を無断で使用したサイトがあることを知らされたGACKT。
    そのサイトはGACKTの所有車をプレゼントするなどと宣伝に利用していたという。
    「ボクも本当に舐められたもんだ。なんで、ボクが許可も出していないのに、
    人の車を勝手にプレゼントの商品にしてるんだ? 有り得ない話だ。
    怒りを通り越して笑いしか出てこない。こんなことが許されるのか?」と憤慨。
    「すぐに弁護士に連絡。法的処置を執ることを段取りさせた」と明かした。

     サイトの管理者に警告したところ、サイトは閉鎖されたようだが、管理者はTwitterで
    「GACKTさん本人が不快に感じられたようですので停止させていただきました。
    楽しんで貰う予定が、事が大きくなりマイナスに働いたためこれでは本末転倒だと判断いたしました」などと釈明。

    この釈明に「人の名前を勝手に使っておいて、人の所有物を勝手にプレゼントにして、
    それで楽しんで貰うってどういうことだ???まあ、世の中腐ったヤツが多いってことなのか・・・。
    ぶっ飛ばしてやる!」とさらに怒りをあらわにしたGACKTは、
    「さあ、ここの管理人と関係者。ボクを怒らせたらどうなるか思い知らせてやる。
    法廷でお逢いしましょう・・・」と、徹底抗戦の構えを見せている。
    【【芸能】GACKT「ボクを怒らせたらどうなるか思い知らせてやる」 自身の名前を無断使用のサイトに激怒】の続きを読む

    このページのトップヘ