アニメ(`・ω・´)シャキーン

目がシャキーンとなるようなニュースをまとめて、 管理人のみいが頑張って配信していきます!

    カテゴリ: ネタ

    1:2014/10/28(火) 11:14:21.87 ID:
     
    1. さりげなく書かれた「TYPE∀BALL」の文字
    第5話のワンシーンに、水を圧縮したボール型のタンクを収納するボックスが登場する。
    そこにはハッキリと「TYPE∀BALL」と書かれており、∀の部分はターンエーガンダムの額にあったマークと同じ。

    2. アメリアという地名
    作品の世界に登場するアメリアは、国家のひとつ。『ターンエーガンダム』にもアメリア大陸が
    舞台として登場し、激しい戦いが繰り広げられる。『ガンダム Gのレコンギスタ』に
    登場するクリム・ニックは、アメリア大統領の息子という設定だ。

    3. ジャハナムというモビルスーツ
    アメリア軍の量産型モビルスーツとして登場するジャハナムは、『機動戦士Vガンダム』に登場する人物名と同じ。
    レジスタンス組織、リガ・ミリティアのリーダーの名とされているが、
    複数の人物がジャハナムの名を使って活動していたため、特定人物の名ではない。

    4. 金魚チュチュミの存在
    宇宙からG-セルフに乗って地球にやってきた少女、ラライヤ・マンディ。彼女が金魚をチュチュミと呼び愛でているが、
    『ターンエーガンダム』の主人公ロランも、金魚のおもちゃを持って地球にやってきた。
    ラライヤの容姿がロランに似ていなくもないため、ロランの先祖がラライヤなのでは? との噂も出ている。

    今後チュチュミが宇宙に行くことになれば、月や宇宙の歴史上、チュチュミがシンボル的な存在となり、
    未来(ターンエーガンダムの時代)に伝わる可能性も秘めている。小説ではロランについてより詳しく書かれており、
    金魚のおもちゃについても書かれているが、アニメを公式とするならば金魚の名前が「メリー」ということしかわかっていない。

    5. ミノフスキーフライト
    ガンダムシリーズには、ミノフスキー粒子を利用した浮遊方法が2種類ある。重力下でも空中を浮遊できる
    ミノフスキークラフトと、より高い高度を飛べるミノフスキーフライトだ。後者は『機動戦士Vガンダム』でも描写されており、
    今回の『ガンダム Gのレコンギスタ』でもメガファウナがミノフスキーフライトで飛んでいる。

    http://buzz-plus.com/2014/10/28/gundam-reconguista-in-g-2/
    【【衝撃的事実】アニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』に隠された過去作品に関連する秘密5つ】の続きを読む

    1:2014/10/27(月) 13:29:46.98 ID:
     
    「4K」サービス本格化も、続く“手探り”状態 民放局から困惑の声  2014年10月27日


    4Kサービスが展開されるのは当面、配信やCS、CATVが中心になるが、総務省は今年8月、BSでの4K試験放送開始を
    平成32年から28年に前倒しすることを決定。具体的なチャンネルや放送体制は未定だが、2020年東京五輪・パラリンピックを
    前に対応サービスを充実させることで、4Kテレビの普及を図る狙いがある。

    ただ、半ば「国策」として対応のスピードアップを求められた民放局からは困惑する声も上がっている。
    在京キー局幹部は「地デジ化で視聴者の多くがテレビを買い替え、テレビ局も機材や設備を刷新したばかり。
    4K番組には現在の倍以上の制作費がかかり、コンテンツの普及にも時間がかかる」と明かす。

    各局はドラマやスポーツなどの番組制作に取り組んでいるが、「どういうジャンルが4Kに向いているのか、
    撮り方も含めて研究している状況」(民放幹部)というのが現状だ。

    フジテレビの亀山千広社長は「中には『大画面だと疲れる』という視聴者もいる。本格的な普及を目指すなら、
    国も制作者も『視聴者目線』を考え直す時期に来ている」と話している。
    ttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/27/news053_3.html 記事一部
    【テレビ局 「4K放送で何を作れば良いのか分からない。…何が見たいですか?」】の続きを読む

    1:2014/10/27(月) 13:27:03.32 ID:
     
    かわいい? それともウザい!? 女性が思う「女慣れしていない男性」の特徴5選

    純朴さが可愛い!と思う反面、その鈍感さにイライラしてしまう……。あなたの周囲には、こんな「女慣れしていない男性」は
    いますか? 恋愛相手に選んでしまうと、何かと苦労することも多いのかも!? こんな男性の特徴を、働く女性に教えてもらいました。

    ■目は素直
    ・「女性の目を見て話せない。男子高出身の友だちがそうだから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)
    もっとも多かったのが、こちらの意見です。女慣れしていないことを見抜くためには、ただじっと相手の目を見つめればOK。
    目線を逸らされても負けずに見つめて、もしも彼が赤くなったら、間違いなく慣れていないと言えるでしょう。

    ■ぎこちない会話
    ・「女性との会話についていけない。遠回しに言う女性の会話を理解できないので、ギクシャクしてしまうから」(27歳/機械・精密機器/技術職)
    女性には、特有の会話のテンポが存在します。こればっかりは、実際に女性との会話を楽しみ、習得するしかないものです。
    テンポが合わずぎくしゃくするのも嫌ですが、テンポが良すぎるのも要注意かも……!?

    ■挙動不審!
    ・「女性といると、とにかく挙動不審になる人。女性でも色んなタイプの人がいるのに、とにかく『女性』のそばで
    挙動不審になるのは、よほど慣れてないと思う」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

    ■一緒にいて残念な人
    ・「女の子に対する扱いがぎこちなかったり、飲食店で壁がわの席を女の子に譲るなど、『定番』の気遣いもしない人は
    慣れてなさそうだと思う」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)
    別に「お姫様扱い」を望んでいるわけではありませんが、最低限の気遣いは実践してほしいもの。残念ながらこんな男性は、
    女性が微妙な顔をしているのにも気が付いていないのではないでしょうか。

    http://woman.mynavi.jp/article/141026-27/
    【女が思う「女慣れしていない男」の特徴 まるでお前らだと話題にwwwwwwwwww】の続きを読む

    1:2014/10/28(火) 16:19:51.43 ID:
     
    「クーラー、洗濯機、冷蔵庫も持っていない」生活保護費引き下げは違憲 受給者が市と国に提訴 和歌山

     昨年8月から国が基準額を引き下げて生活保護費を支給したのは、憲法25条で保障された
    生存権を脅かし違憲・違法だとして、和歌山市内に住む40~70代の受給者9人が27日、
    実際に支給した市に対して支給引き下げの取り消しや、国に1人5万円の慰謝料を求める
    訴訟を和歌山地裁に起こした。

     弁護団によると、昨年8月の生活保護基準額引き下げのほか、今年4月の引き下げに
    ついても取り消しを求めている。提訴後の記者会見で、弁護団は「生活保護費の引き下げは、
    『健康で文化的な最低限の生活』を侵害する」と指摘した。原告の男性(66)は
    「クーラー、洗濯機、冷蔵庫も持っていない」と生活の苦しさを訴えた。

     弁護団によると、同様の提訴は埼玉、熊本などでもあり、和歌山は10番目。今後全国各地で
    続く見通しという。

    http://www.sankei.com/west/news/141028/wst1410280050-n1.html
    【生活保護受給者が涙…「クーラーも、洗濯機も、冷蔵庫も持ってない。どうやって暮らせというのですか」】の続きを読む

    このページのトップヘ