アニメ(`・ω・´)シャキーン

目がシャキーンとなるようなニュースをまとめて、 管理人のみいが頑張って配信していきます!

  • Twitter
  • RSS

    1:2014/10/28(火) 11:14:21.87 ID:
     
    1. さりげなく書かれた「TYPE∀BALL」の文字
    第5話のワンシーンに、水を圧縮したボール型のタンクを収納するボックスが登場する。
    そこにはハッキリと「TYPE∀BALL」と書かれており、∀の部分はターンエーガンダムの額にあったマークと同じ。

    2. アメリアという地名
    作品の世界に登場するアメリアは、国家のひとつ。『ターンエーガンダム』にもアメリア大陸が
    舞台として登場し、激しい戦いが繰り広げられる。『ガンダム Gのレコンギスタ』に
    登場するクリム・ニックは、アメリア大統領の息子という設定だ。

    3. ジャハナムというモビルスーツ
    アメリア軍の量産型モビルスーツとして登場するジャハナムは、『機動戦士Vガンダム』に登場する人物名と同じ。
    レジスタンス組織、リガ・ミリティアのリーダーの名とされているが、
    複数の人物がジャハナムの名を使って活動していたため、特定人物の名ではない。

    4. 金魚チュチュミの存在
    宇宙からG-セルフに乗って地球にやってきた少女、ラライヤ・マンディ。彼女が金魚をチュチュミと呼び愛でているが、
    『ターンエーガンダム』の主人公ロランも、金魚のおもちゃを持って地球にやってきた。
    ラライヤの容姿がロランに似ていなくもないため、ロランの先祖がラライヤなのでは? との噂も出ている。

    今後チュチュミが宇宙に行くことになれば、月や宇宙の歴史上、チュチュミがシンボル的な存在となり、
    未来(ターンエーガンダムの時代)に伝わる可能性も秘めている。小説ではロランについてより詳しく書かれており、
    金魚のおもちゃについても書かれているが、アニメを公式とするならば金魚の名前が「メリー」ということしかわかっていない。

    5. ミノフスキーフライト
    ガンダムシリーズには、ミノフスキー粒子を利用した浮遊方法が2種類ある。重力下でも空中を浮遊できる
    ミノフスキークラフトと、より高い高度を飛べるミノフスキーフライトだ。後者は『機動戦士Vガンダム』でも描写されており、
    今回の『ガンダム Gのレコンギスタ』でもメガファウナがミノフスキーフライトで飛んでいる。

    http://buzz-plus.com/2014/10/28/gundam-reconguista-in-g-2/
    続きを読む

    1:2014/10/27(月) 13:29:46.98 ID:
     
    「4K」サービス本格化も、続く“手探り”状態 民放局から困惑の声  2014年10月27日


    4Kサービスが展開されるのは当面、配信やCS、CATVが中心になるが、総務省は今年8月、BSでの4K試験放送開始を
    平成32年から28年に前倒しすることを決定。具体的なチャンネルや放送体制は未定だが、2020年東京五輪・パラリンピックを
    前に対応サービスを充実させることで、4Kテレビの普及を図る狙いがある。

    ただ、半ば「国策」として対応のスピードアップを求められた民放局からは困惑する声も上がっている。
    在京キー局幹部は「地デジ化で視聴者の多くがテレビを買い替え、テレビ局も機材や設備を刷新したばかり。
    4K番組には現在の倍以上の制作費がかかり、コンテンツの普及にも時間がかかる」と明かす。

    各局はドラマやスポーツなどの番組制作に取り組んでいるが、「どういうジャンルが4Kに向いているのか、
    撮り方も含めて研究している状況」(民放幹部)というのが現状だ。

    フジテレビの亀山千広社長は「中には『大画面だと疲れる』という視聴者もいる。本格的な普及を目指すなら、
    国も制作者も『視聴者目線』を考え直す時期に来ている」と話している。
    ttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/27/news053_3.html 記事一部
    続きを読む

    このページのトップヘ

    オルガメッド ジェネリックプロベラ